2018年11月04日(日) そういえばキャッチコピー決まったんでしたっけ??❝笑いあふれるやまとカフェ❞
平成30年度第5回やまとカフェ報告;11月3日(祝)13:30-15:30お天気に恵まれました。ボランティアで参加の山本さんのご指導で、牛乳パックを使ったゴムの力ではねるおもちゃを作りました。最初説明の時は、会場が静まり返っていました。受けないのかなと心配でしたが、いざ始めると皆さん大盛り上がりで進行しました、参加者も互いに声を掛け合い和やかでした。参加は無理だろうと言っていた認知症の奥さんも笑顔で楽しんでいました。私のミニレクチャーは健康寿命を延ばす歩き方と題し、加速度センサー付き身体活動計を使って、1日8000歩、その内中程度の強度の歩行が20分あるのが理想的な歩き方など、健康維持に役立つお話をしました。今日の合唱は伴奏無しで皆で歌い上げました。私のクリニックからも多くの参加がありました。まだカフェに来たことのない方も大歓迎です。高齢福祉課認知症施策担当までお電話ください。ご説明します。

2018年11月01日(木) 広報やまと(11月1日号)
P2の特集が「安心の介護保険サービスを目指して」紹介されています。一読ください。 P5;介護者教室の案内;11月29日(木)「騙されない!!悪質業者から身を守りましょう」 P7;介護予防サポーター実践講座「健康遊具でプチトレセミナー」を開催。 介護保険認定調査員の募集があります12月~来年3月末までの任期。介護保険課まで P12~13;・介護者の会ほっとホットサロン(11月16日) ・介護者茶話会(11月19日)・臨床心理士による認知症介護者交流会(11月30日) いずれも介護者同士語り合う内容になっています。 また11月は2か所の認知症カフェに出席します。いずれもミニレクチャーと個別相談をお受けします。3日(土)がやまとカフェ、25日(日)が敬愛の園で話笑和の輪です。また11月15日(木)は大和市認知症サポーター育成ステップアップ講座を行います。

2018年11月01日(木) 診療時間変更のお知らせ
11月7日(水)は、スズケンさんで社員研修会の講演をしますので、受付時間が繰り上げになります。ご注意ください。 11月20日(火)は横浜で尿酸に関する研究会に出席するため受付時間が繰り上げになります。ご協力ください。 11月29日(木)は大和市地域包括支援センター運営協議会が午後1時から開かれるため、受付時間が繰り上げになりますのでご注意ください。

2018年10月28日(日) 10月院長活動報告
10月1日(月)~3日(水)・5日(金)は午後2:30~さくらの森保育園の健診を行いました。5日以外は好天に恵まれてよかったです。 10月2日(火)大和市医師会理事会出席 10月6日(土)神奈川県精神神経科診療所協会「認知症最近のトピックス」(横浜キャメロットジャパン)西洋薬と漢方薬の使い分けについて学びました。 10月12日(金)意識消失について学ぶ会;横浜ロイヤルパーク;てんかんと失神について学びました 10月15日(月)相模医学会19:30~相模大野グリンホール;健康寿命を延ばす歩き方の黄金律と言う演題で、東京都健康長寿医療センターの青柳先生から健康管理に必要な歩き方の規則を学びました。 10月18日(木)平成30年度第2回大和市認知症初期集中支援チーム検討員会・第4回地域包括支援センター運営協議会を開催。 10月19日(金)Web講演会(12:30-13:00)MSD社の成人の肺炎球菌性疾患について亀田総合病院呼吸器科の青島先生のお話しをお聞きしました。夜は、19:20から地域医療センターにて、大和市内科医会「高齢者における不眠症の問題点と睡眠薬の適正使用」を聖マリアンナ医科大学精神科准教授長田先生のお話しをお聞きしました。 10月21日(日)浅草東本願寺にて母の1周忌法要を行いました。 10月23日(火)昼12:30から13:10Web講演会「認知症患者の合併症を考慮した薬物療法」を大分大学の吉岩先生よりお聞きしました。吉岩先生のお話しは2年ぶりくらいでためになりました。 10月25日(木)診療時間を繰り上げて、大和市介護審査会で34件+3件の審査を行いました。その後地域医療センターへ移動し、平成30年度第2回大和市認知症多職種協働研修を14:00~16時院長が講師として講演しました。今回大和市で最も最前線で活躍するみなさんを対象としていますので、約20時間かけてほとんどのスライドを新しい内容に作り変えました。今後も多職種協働研修はトップレベルの情報提供をする予定です。一方来月行う認知症サポーターのステップアップ講座は、基礎に重点を置いて分かりやすい内容にいたします。

2018年10月14日(日) 広報やまと(10月15日)
P4;「健康都市やまとフェア2018X未病を改善する県民フォーラム」午後1時から自律神経の専門家順天堂大学教授小林先生の講演が面白そうです。聴きに行きたいのですが、午前中東京で認知症の研究会があるので、開始時間には間に合わないかもしれません。また、シリウスから出発し、健康普及員と泉の森をウオーキングする催しもあります。10:15~12:00まで。 P6;平成29年度の介護保険事業実施状況;市は高齢化率が23.6%。要介護認定者が7034人で前年度比5.7%増。今後も、認定者数給付費ともに増加が続くと考えられます。 P14;子ども食堂の事が出ています。子ども食堂知っていますか?1人で食事をするより地域のみんなと、居場所が無い子供、保護者への支援として地域の建物に子供たちが集まれる場所を確保したものです。子ども食堂はぐく・クレイヨンピピーこども食堂・わにわに食堂・コアラ食堂是非利用し、何か援助できる方は是非ご支援をしましょう。 P17;臨床心理士による認知症介護個別相談会(高齢福祉課へお問い合わせを)・高齢者施設の取り組み発表会(介護保険課へ問い合わせを) P19;介護者教室「介護予防体操」・介護予防セミナー是非ご参加を また今回掲載されておりませんが、今月25日(木)には第2回大和市認知症多職種協働研修で、院長が講師を務め、「これで分かる!認知症~最近の動向を知る~」を行います。最近6か月から1年に得た知識を中心に、ほとんどの内容を書き換えています。頑張っています。間に合うつもりです。当日お会いしましょう。

2018年10月05日(金) インフルエンザワクチン接種
昨年同様、予約は不要です。体調の良い日にお越しください。価格も昨年同様です。大人と小学生1回目が 3900円・小学生2回目が3200円。13歳以上は1回の接種にするよう国から指示が出ています。65歳以上は市の補助があるため、大和市の方は2000円。綾瀬市の方は1700円です。いずれも税込。接種開始は10月15日(月)からで、最終は12月28日(御用納め)までです。

2018年09月29日(土) 広報やまと(10月1日号)
巻頭には骨粗鬆症の病態と対策が書かれています。必読です。 P3;市長見聞録にはブロック塀の無料診断と撤去費用の補助について書かれています。この取り組みはNHKおはよう日本でも紹介されました。 P4;介護者教室;10月26日サンホーム鶴間 P12~13;ケアラーズカフェ・介護予防セミナー・運動による認知症予防セミナー(コグニサイズ体験)・脳とからだの健康チェック⇨この活動で評価が低かった場合は是非当院を受診ください。 やまとカフェ(認知症カフェ)11月3日(祝日)院長のミニレクチャー・個別相談をします。前回新規参加者の相談3組ありました。是非ご利用ください。 認知症サポーター育成ステップアップ講座3回(11月15日・27日・12月12日)院長は初日に講義を行います。問い合わせ高齢福祉課 また10月25日には、第2回大和市認知症多職種協働研修が地域医療センターで開かれます。院長が約90分の講演を行います。 P14;季節性インフルエンザワクチン接種のご案内10月1日から12月31日まで実施。昨年はワクチン製造の遅れにより翌年まで延長されましたが、今年は規定通りに12月診療終了日まで実施します。当院の接種開始は10月15日(月)からで、料金は昨年と同じです。

2018年09月29日(土) 大和市特定健診・ご長寿健診終了のお知らせ
6月から9月までの4か月間の健診が終わりました。現状を知り明日に活かすことができましたか?当院ではやりっぱなしではなく、今後どうの様な不利益が起きるかを一緒に考え対策を提案しています。

2018年09月29日(土) 9月院長活動報告
9月1日(土)フレイル漢方研究会(健康長寿と人参栄養湯)ベイシェラトン;近年フレイル防止、長寿に良い効果があると言われる人参養栄湯の研究会。今回はみなと赤十字病院耳鼻科の新井先生のめまい・平衡障害患者に対する人参養栄湯の効果のお話を聞きに行きました。 9月2日(日)神奈川糖尿病療養指導士認定機構研修会;新都市ホール13:00-17:00糖尿病腎症に病態と治療の展望。減塩高血圧の治療。腎性貧血の対処など学びました。知識の整理と更新に最適でした。 9月4日(火)理事会出席 9月5日(水)神奈川認知症フォーラム2018(モントレ)19:15~21:00阿瀬川先生の「認知症になっても安心して暮らし続けられるまちを目指して」、下浜先生の「ADと前頭葉機能」をお聞きしました。 9月8日(土)~9日(日)電子カルテの入れ替え作業。 9月11日(火)N-Pネットワーク研究会(ホテルプラム)19:00~「センサ型見守りシステムと認知症の地域連携」を山村先生に、浄土真宗本願寺派加茂順成さんの「認知症対策における寺院の可能性」をお聞きしました。認知症に対する視野の広いアプローチを学びました。 9月13日(木)平成30年度第1階神奈川県県央地区認知症疾患医療連携協議会(アミユー厚木)19:30から20:30以前報告した通り、当院おように市の活動に積極的に貢献している施設が、受診を必要とする患者さん家族に全く伝わっていないことに大いに失望します。 9月14日(金)てんかん研究会(ユニコム相模大野)第一製薬の亜新規抗痙攣薬ビムパットの作用を含む、新規抗痙攣薬と旧来の薬の違い・ガイドラインに付き詳しくお教えいただきました。 9月19日(水)湘南認知症研究会2018(鎌倉プリンス)19:45~21:00藤沢病院の宣伝は時間の無駄でした。川畑先生の講演会は今年3回目ですか、毎回大変ためになります。しかし実感する病院と診療所の違いも感じます。病院は3か月待ち、医者は直接家族と患者の間に入って初診時から心をつかむことはできない。自分の仕事に限界も感じますが、逆に優位な点も大いに実感します。患者に寄り添う治療ができるのはクリニックだと再認識しました。 9月20日(木)1:30~地域包括支援センター運営協議会2:30~大和市認知症初期集中支援チーム員会議;出席し3例の協議を行いました。 9月22日(土)やまとカフェ平成30年度第4回(前回記載)数組の個別相談も受けました 9月23日(日)敬愛の園認知症カフェ(話笑和の輪)参加・個別相談が多く、笑い文字製作には参加できませんでした。きびきび進行し、参加者の自己紹介もあり、最も充実しているカフェだと実感しています。市の運営するやまとカフェと同等かそれ以上の内容が期待できるカフェです。私も毎回参加しミニレクチャーと個別相談をお受けしており、これもやまとカフェと全く同じです。 9月27日(木)介護審査会参加・最近は認定期間を36か月に延長するなど審査の迅速化の効果が認められる為判定症例数が33例くらいだったのが24例くらいに減っています。当日追加分は以前と同様3例です。認知症に対する理解も徐々に広まり、要介護1以上が得られることが増えている印象です。 9月28日(金)チャンピックスベットシンポジウム;12:40-13:10杏林大学の平野教授に禁煙に関する最新の知識を講義いただきました。

2018年09月24日(月) WHO報告;運動不足
WHO9月5日発表;2016年に世界の18歳以上の成人の4人に1人が運動不足で、心臓疾患・糖尿病・認知症にかかるリスクが高いと報告。原因は長時間労働・交通機関の発達・スマホの普及が、人々から運動の機会を奪っていると指摘。各国政府に対策を指示。男性の4人に1人、女性の3人に1人が運動不足。高所得国の運動不足の割合は低所得国の2倍以上。WHOの基準では、1週間の適切な運動量として、散歩や水泳では150分、ジョッギングやサッカーでは75分という基準を設けている。世界の168か国中55か国で1/3の人がこの基準に達していない。運動不足の人が最も多いのはクエートの67%、ドイツ42%、イタリア41%など欧米先進国で高く、最も少なかったのはアフリカのウガンダとモザンビークの6%!!アジア・アフリカの低所得国は低い傾向だった。アメリカ40%・日本36%一方、中国14%・ロシア17%と少ない!!最近散歩さぼり気味なので、耳が痛い!